キャリアウーマンのための縦横無尽コンサルティング

ご提案する理由は

潜在意識からマイナスを取り除き、「私はできる」という確信が潜在意識から湧いてくれば、揺らぐことなく進めます。
ちょっとやそっとの障害は障害とは感じません。
「できるかもしれない、できないかもしれない」程度の思いで取り組んでいると、不安がつきまといます。
「できる」という確信だけにしてしまえば強いのです。

たいていの人は、自分の立場から物事を見ています。
人の気持ちを本当にわかる人は少ないものです。
よくいわれる「経験しないとわからない」は、半分正しくて半分まちがっています。
もし「経験しないとわからない」のなら、若者は老人をいたわることはできません。
医者は全部の病気になってみないと、患者ひとりひとりの気持ちが理解できないということになります。

それぞれの人が抱えている事情をわかるには、そのすべてを経験する必要はありません。
わかってあげたいという心の姿勢、わかるために自分の心をどれだけ広げられるかにかかっています。

がんばっている人ほど人にはいえないものを抱えているものです。
原美紀は、幼少期からの家庭での経験、多様な社会経験を積んで、心の度量を広げてきました。
また、医師には守秘義務があります。

その原美紀が、ひとりでがんばっているあなたの伴走者になります。
それが、「キャリアウーマンのための縦横無尽コンサルティング」です。


リーディングということばをお聞きになったことがあるでしょうか。
さまざまな意味に使われていますが、静かな樹では「潜在意識から情報を得ること」を指しています。
と申しましても、心の中が丸見えになるわけではありません。
あくまでも必要な情報、その方の潜在意識が許可した範囲の情報を得ます。
すると、潜在意識のマイナスがわかります。

そのマイナスを抜くという作業をいたします。
技法はいくつかあります。
ご本人の了解を得た上でおこないます。
勝手に心が書き換えられた、などということはありません。

リーディング、マイナスを抜く作業を繰り返していきますと、潜在意識の中は圧倒的にプラスで満たされていきます。
先ほどのAさんの例にもありましたように、成功の道を歩もうと努力を重ねても、潜在意識の中にマイナスがたくさんあるとなかなかうまくいきません。
潜在意識のマイナスをどんどん抜き、プラスで満たしていったなら、10%の表在意識が決意したことを90%の潜在意識が大きく後押ししてくれるようになります。
努力が確実に報われていくのです。

また、ひらめくことが増えます。
潜在意識にマイナスがたくさんあったときは、表在意識に上ってくる途中で曇ってしまっていた、純粋な直感。
それがすんなりと湧き上がってくるのです。

潜在意識のマイナスを抜き、プラスで満たすということは、心が整うということでもあります。
すると「類は友を呼ぶ」で、自分に合うプラスの人・物・機会との縁が飛躍的に増えていきます。

リーディング。
潜在意識のマイナスを抜く技法。
いずれも科学的とはいえないかもしれません。
海外では、国家が支援して検証しているところもありますが、現在の日本では、科学的でないという理由で評価しない人が多いのは事実です。

ところで、科学とはなんでしょう。
科学は、「すでにあるものを証明」し、「すでにあるものから新しいものを作り出す」ものですね。
「すでにあるもの」が「なぜ、あるのか」。
それは科学ではわかりません。

「すでにあるもの」は、実はあなたの中にあります。
それに頼り切ればいい。
実に簡単明快なことです。
それがわかっていただけます。



がんばるのはよいことです。
でも、常にがんばるのがよいとは限りません。
実は、脳と体を休めているときこそ、潜在意識は大いに働いてくれるのです。

がんばりつづけてしまう。
休んでいても遊んでいても、仕事のことが頭から離れない。
それは将来への不安があるからですね。
力を抜くことができないのは当然です。
「自分はどっしり構えていてよい」、そう思えれば不安は消えます。
楽しく仕事に集中し、休むとき遊ぶときは仕事を心から放つことができるようになるのです。

仕事優先の毎日を過ごしているあなたは、重要度の高い順から物事に着手していますね。
実はそれはまちがっています。
そのやり方でいくと、必ず後回しになることが出てきます。
それが積み重なっていくと、「私はなんのためにがんばっているのだろう」という思いが出てきたり、心に余裕がなくなったりします。

あなたには最優先にすべきものがあります。
「最優先にすべきものを最優先にして生きる」と決めたとき、毎日がガラリと変わります。
仕事の効率もプライベートの充実もはかれるようになるのです。

あなたが最優先にすべきものは何なのか。
いっしょに見つけます。



さて、心と体は表裏一体といいますね。
実は、心が体を作っています。
「キャリアウーマンのための縦横無尽コンサルティング」ではこのことを詳しくお伝えします。
心を整えることで体調も整うとわかり、実際そのようになっていきます。
二十代の頃、胃潰瘍寸前といわれていたのが、今では家の救急箱に飲み薬がひとつもない…原美紀はそういう経験もしています。

立場上、人に話せないことの多いあなた。
そんなあなたでも、グチをこぼす相手はいらっしゃるでしょう。
聞いてもらうだけでいい、ということも多いでしょう。
そこにさらに、深い悩みや問題を解決する突破口を、いっしょに見つけてくれる人がいたらどんなに心強いことでしょう。
そういう人こそ、今のあなたに必要なのではないでしょうか。

ひとりで抱えなくていいのです