ごあいさつとプロフィール

ごあいさつ

原 美紀

竹のようにしなやかに生きましょう。

人間関係、仕事、生き方に関する悩み、どんなことでもご相談ください。

慢性の病気も、真の原因を探し、それをご本人が手放す気持ちになれば、快方へと向かうものです。

医師であること100%。サイキックであること100%。合計200%で、あなたのよりよき人生を応援します。

医師として働くうちに現代医学に限界を感じ、精神世界(スピリチュアルな世界)に興味を持った?

逆なのです。25歳で谷口雅春氏の著書「生命の実相」を読み、精神世界への扉が開かれました。

全ての現実は自分自身が心を通して作り出していること、そして、どんな問題も自分の中に解決の力があることを知ったのです。人生観が180度変わりました。

カウンセラーが天職と気づき、33歳で医学部にはいりましたが、西洋医学は、あくまでも病気の原因を物質に求めます。求めて求めて分子レベルにまで細かくしていく学問です。

では、もし、病気の原因が心にあるとしたら?

サロンを開設して10年、「怪しくならないように」気をつけてきました。そのためには、スピリチュアルな世界を遠ざけておく必要がありました。

けれども、今、私は開き直ります。

太古の昔、人間が当たり前のように持っていた能力で、現代人が使わなくなってしまったものはたくさんあります。

そういった中に、リーディング、ヒーリングといわれるサイキック能力が含まれるのです。

医師として大地にしっかりと足をつけ、サイキック能力を発揮します。

メンタルコンサルテーション静かな樹 主宰
原 美紀

プロフィール

AFS交換留学生としてアメリカの高校に留学。
帰国後、高校2年生で青山学院大学文学部英米文学科へ進む。
卒業後は英語塾講師、社長秘書などを経験。
カウンセラーが天職と気づき、東海大学医学部に学士入学。
38歳で医師免許を取得。
(財) 桜ヶ丘病院 (精神科病院) に勤務。
第2回サンケイリビング新聞「女性起業家支援基金」による支援決定を受け、
2003年カウンセリングとヒプノセラピーの「カウンセリングサロン静かな樹」を開設。
度胸と行動力が持ち味ながら、一番好きなのは窓から木々を眺めてボーッとする時間。
料理、ペンギンなどの鳥、猫、着物、軽井沢、静寂、日本を愛する。